きんぐの備忘録

きんぐの備忘録

このブログは、名前の通り私の備忘録です。✎✐ ドラマや映画、小説などについて、私が思ったことをただただ書いていくだけのブログです。🤤

小説 心霊探偵八雲シリーズ。〜紹介〜

 

今回は、『心霊探偵八雲シリーズ/著:神永学さん』について紹介していきます。🍀

 

是非皆さんに実際に読んで欲しいのでネタバレはありません!

 

それでは〜〜、Let's start!!🏃

f:id:K_Blog:20190521235008j:image

私はよく書店に行くので前々から神永さんの存在は知っていましたが、神永さんの小説を読んだことはありませんでした。この本を手に取ったきっかけは『タイムラッシュ 天命探偵 真田省吾』を読んだことです。実はこのタイムラッシュ、私の中ではあまりハマりませんでした。私にとっては読みにくかったのです。しかし、ほかの作品は?と気になりました。心霊探偵八雲は題名通りホラー小説ですが、『霊感検定/著 織守きょうやさん』の小説も読めたから大丈夫だろうと思って読み始めたのです。

 

心霊探偵八雲1〜赤い瞳は知っている〜あらすじ👇(裏表紙から引用させていただきました)

学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。思い切って相談を持ちかける晴香だったが!?女子大生監禁殺人事件、自殺偽装殺人……次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、脅威のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場!!

 

この物語は普通に怖いです。本当にあった怖い話はもちろん、ランキング形式の心霊番組など怖いものは本当にダメな私が、それでもなぜ読み続けているかというと、怖い以上に面白いんですよね。それぞれのキャラもしっかりしているので頭に入ってきやすい。こんがらがることはありませんね。それに今は、文庫本で10巻まで、単行本まで11巻まで出版されていますから、もちろん登場人物の成長もみられます。ホラーだけど感動する話もあります。そしてなにより読みやすい。私は小説を読むとすぐ影響されてよくその日の夜に変な夢を見てしまうのですが、それでもどうしても読んでしまう、そんな小説です。

 

私は文庫本派なので10巻までと、あとはAnotherStoryの方は何巻かしか読んでいません。いずれAnotherStoryもすべて買って読みたいと思っています。文庫本11巻が待ち遠しいです…!12巻で完結する予定と知ったので少し寂しいですが、早く読みたい。どんな結末になるのかスゴく気になります。

 

初版発行が平成20年ですから、ホラー小説好きならもう読んだことある人も多いと思います。ホラー小説好きはもちろん、少し苦手な人も読んだことのない人には読んで欲しいと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

このブログで『心霊探偵八雲シリーズ』が、神永学さんの作品が、少しでも多くの方の手に取って貰えますように。🌸